So-net無料ブログ作成

勝ち組の証しロレックス・デイトナ by 編集部クラモト

「VSリコメンドッチ?」編集部のクラモトです。


高級腕時計対決、ロレックスとフランク・ミュラーのパート2はロレックス・デイトナとフランク・ミュラーのクレイジーアワーを取り上げました。


デイトナとは、米国のフロリダ州デイトナビーチにあるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイから付けられた名前。スピード感あふれるサーキットの名前はクロノグラフにぴったりのネーミングです。ロレックスのなかでも特に高価なモデルのひとつです。


また1960〜70年代までに生産されたモデルで、スモールセコンドの表示が15-30-45-60と15秒刻みになっているタイプは、レースが好きだったポール・ニューマンが愛用して映画でも着用していたことから“ポール・ニューマン・タイプ”とも呼ばれ、コレクターにとっては垂涎のアイテムといわれてます。


まあ実際問題、レーサーやアスリートにとっては、もっと軽量で多機能なスポーツウォッチはいくらでもありますが、そういうものは使っていてサマにならない。リスペクトされる偉大なレーサーやアスリートにはそれにふさわしい時計が必要です。それがデイトナなんですね。


やっぱり高級ウォッチといえばロレックスに1票、ですね!


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 7

ビジネスマン

当ブログへのコメントありがとうございます。
私がアンティークロレックスを買ったのは、かれこれ10数年前のことです。ロレックスの販売店でいまや有名(首都圏だけ?)なエバンスが、まだ上北沢(だったかな?)あたりで皮ジャンなどと一緒にロレックスを売っていた時代でした。。。
by ビジネスマン (2005-11-22 23:25) 

VSリコメンドッチ?

ビジネスマン様、編集部クラモトです。
こちらこそコメントありがとうございます。

ロレックスもかつては本当に時計マニアの人が蒐集する趣味の世界のものでしたが、今では世の中みんなオタク化してきて(?)、誰もがマニアになってしまい、ロレックスもどんどん値が上がってきましたね。
しかしあのエバンスが革ジャンとロレックス並べて売ってたなんて、今では考えられません。時代を感じさせますね。
by VSリコメンドッチ? (2005-11-24 10:14) 

royalblau

私のブログにも、コメントありがとうございました。

私の考えでは、“高級”時計に近いのはフランク・ミュラーです(本当に高級かどうかは別として)。それに対して、ロレックスは、“高性能”な時計です。
ロレックスには多くの伝説がありますが、本当の高級時計なら、冒険に使用したり、水の中に浸けたりしないと思います。耐久性を売りにした姿勢は、Gショックと同じではないでしょうか?

しかし、そうは言っても、ブランド時計としてロレックスの知名度、ステイタス性は揺るぎないですし、品質的にも多くの人が満足できる、高いレベルを維持していると思います。必ずしも最高の時計とは思いませんが、実用性においては、バランスの取れた優秀な時計だと思っています。

フランク・ミュラーは持ってないので評価が難しいです。品質面ではあまり良い評判は聞きません。しかし、一目でフランク・ミュラーと判断できる独創的なデザインは、高く評価すべきでしょう。好きにさせるデザインも、高級時計には欠かせない要素だと思っています。
by royalblau (2005-11-25 13:29) 

VSリコメンドッチ?

royalblauさん、コメントありがとうございます。
編集部のクラモトです。

なるほど“高級”腕時計はフランク・ミュラーで、ロレックスは“高機能”腕時計ですか。確かにいい得て妙ですね。ただ私はロレックスがGショックと同じとは思いません。確かにGショックは耐久性をうたってはいますが、あくまでコマーシャルとしてアピールしています。ロレックスは海や山の極限状況下で冒険家たちに使ってもらうことを想定しているわけで、カタログスペックの広告とは次元が違う気がするのですが。

この点についてはほかの方のご意見も聞いてみたい気がします。
by VSリコメンドッチ? (2005-11-25 19:52) 

royalblau

本来、ロレックスは究極の実用時計であり、他人に自慢するような高級ブランド品ではないと思います。もちろん、ロレックスとGショックが同じ価値の時計とは思っていませんが、実用時計という概念ではGショックと方向性が近いのではないでしょうか。なお、ロレックスは持っていますが、Gショックは嫌いなので持っていません(実は、昔はロレックスも大嫌いでした)。

また、私が想像する高級時計とは、パテックやヴァシュロンなどのドレスウォッチです。この考え方に当てはめるなら、フランク・ミュラーの方が高級時計に近いと思うのです。ただし、近いけれど本物の高級時計と断言できるか、この解釈はまた別の話になると思います。

ただし、一般的に高級時計と言えば、ロレックスでしょう。フランク・ミュラーがどれだけ素晴らしい時計を作ったとしても、ロレックスのブランド力には対抗できないと思います。仮に高級時計の概念が、ブランド力で決まるのなら、ロレックスは永遠の高級時計でしょう。

私は、今でもブランドとしてのロレックスは大嫌いです。でも、ロレックスの時計は愛用しています。
by royalblau (2005-11-25 22:08) 

VSリコメンドッチ?

royalblauさん、再度のコメントありがとうございます。
編集部のクラモトです。

確かにロレックスは本来究極の実用時計。けっして見せびらかすため
にある時計ではなかったんですよね。まあ、最近はロレックス自身が
見せびらかし系のドレスウォッチも出してるので一概にユーザーだけ
を責められない気もしますが(レディ デイトジャスト パールマスター
など)。
royalblauさんのおっしゃるように商品そのものは好きだけど、ブランド
(というよりブランドとそのユーザーが作り上げるイメージ)がキライという
のはよくありますね。なかなか難しいですね。でもそれもまた時計コレク
ションのもつ愉しみの一つといえるのではないでしょうか。
by VSリコメンドッチ? (2005-11-28 17:46) 

blue

本当にロレックスとGショックとどっちが頑丈な時計か、ためした人がいるわけではないので分からないのでは?
バイクに乗っていて、その振動だけで、ロレックスが壊れたという話は結構沢山聞くのですが、そんな人たちも安心して使えるのが、Gショックだそうです。
もっとも、高価な時計と、安価な時計、という概念もそこにはあるのだと思いますが、Gショックは多分、壊れもせず、時を刻むというその行為を続けると思います。
by blue (2006-06-28 15:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。